1. おひとよしのクマ産「生キクラゲ」|純国産の生キクラゲを食卓に。
  2. > 生キクラゲとは

商品のご案内

  • 木耳の基礎知識
  • 生キクラゲの下処理
  • おひとよしのクマ産木耳の栽培

木耳(キクラゲ)の栄養価

ビタミン

キクラゲにはビタミンDとビタミンB2が多く含まれています。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進し、骨を強くしてくれる働きがあります。またビタミンB2は成長を促進するビタミンで、細胞の再生を助けてくれますよ。

食物繊維

食物繊維が豊富なきのこの中でも、キクラゲの食物繊維は突出して多い食材です。低カロリーで食物繊維も豊富なキクラゲは、ダイエットにおすすめの食材と言えますね!さらに、食物繊維は便秘解消にも効果的ですよ!

ミネラル

キクラゲにはカルシウムや鉄分も豊富です。女性はただでさえカルシウムが不足しがち。妊娠や授乳中などは特にカルシウムを多く摂取しなければなりません。また、日本人女性は深刻な鉄分不足だとも言われています。カルシウムも鉄分も多く含まれるキクラゲは、女性の健康の味方です!

【木耳の栄養価】

  • ビタミンD…69.6μg
  • ビタミンB2…0.44mg
  • カリウム…630mg
  • カルシウム…82mg
  • マグネシウム…110mg
  • 鉄分…10mg
  • 亜鉛…0.8mg

※数字は100g中に含まれる量です
※参考資料:文部科学省 日本食品標準成分表

●ビタミンDは食品中第1位
●食物繊維は食品中第2位
●鉄分はレバーの3.5倍
●カルシウムは牛乳の2倍

生キクラゲとは

ぷりっ、とぅるん、の食感!

右の写真を見て下さい。生キクラゲってこんなに分厚くてぷりっぷり、とぅるんとぅるんなんです!乾燥キクラゲとは、まるで違う食べ物のよう。一度食べたら違いが分かります!
日本に流通するキクラゲは、中国や台湾産の乾燥キクラゲが多く、国産の生キクラゲはほとんど見かけません。私たちは美味しくて安全な国産の生キクラゲを日々の食卓に広めたいと願っています。

安心の純国産木耳の栽培

【生キクラゲの断面】

生キクラゲの食べ方

キクラゲを使った料理を思い浮かべてみて下さい。日本では、豚骨ラーメンの具?くらいでしょうか。あまり馴染みがないですね。しかし中華料理には欠かせない食材です。炒め物、スープ、サラダなど、中国の家庭料理にもたくさん登場します。

また生キクラゲといってもキクラゲはキノコですから、いったん下処理(熱処理)をして下さいね。刺身風に食べたり、その他色々な料理に活躍してくれますよ。

生キクラゲの下処理

【生キクラゲの刺身】

クマのおすすめ!定番レシピ

ヨカもん LINEスタンプ

Facebook

法人の方へ お問合せ窓口

メディア掲載情報

個人で購入したい